NPO法人FUKUSHIMAいのちの水

能登地震初動支援終了~福島の人々と共に~

能登地震初動支援終了~福島の人々と共に~

今日、能登町こすもす特別養護老人ホームへ「生活用水」を10トン車1台輸送しました。
本日で、能登地震初期支援は終了いたします。

1月4日から今日まで、100トンを遥かに超える水、生活用水、飲食品、災害物資を被災地に無事届けることが出来ました。お祈り、ご支援をありがとうございました。輸送費も皆さんの募金により満たされました。感謝します!

生活用水をトラックに乗せる坪井
あられが降る中。生活用水をトラックに乗せる坪井


トラックの運転手と坪井
能登支援最終日。トラックの運転手と坪井サンタさん。

約2か月の間、常駐スタッフ2名の団体が、こんな大量の物資を震災直後から送ることが出来たのは、13年に渡るFUKUSHIMAいのちの水の活動があったからです。福島の子供達を心配する母親、家族がいたからです。スタッフ2名の背後にFUKUSHIMAいのちの水を訪れた約2万人の福島の人々がいたからです。
meg

a:35 t:1 y:0

コメント


認証コード3585

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional