NPO法人FUKUSHIMAいのちの水

FrontPage

FUKUSHIMAいのちの水ロゴ

あいさつ

「ひとりの子のいのちを救うために」

ままとあかちゃん

   ようこそ、 あなたをこころから歓迎します。
   2011年3月11日、私達は千年に一度と言われる災害に
   遭遇しました。多くの困難を経験しましたが、
   千年に一度の困難は、同時に
   千年に一度のチャンスを与えてくれました。
   地域の大人達が助け合って
   子供を守る組織を創り上げることが出来たのです。
   フードバンク「もったいないからありがとうユニオン」
   私達は、福島の復興に邁進します。


2015年の決意・・・
「わだば、サンタクロースになる
歴史は、時として理不尽な津波のように、私達の人生を襲ってくる。
しかし、
その理不尽な時間の中に子供達を取り残すことは、
私は決してしない。
わだは、サンタクロースになる。」

わだば、サンタになる
棟方志功は「わだば、ゴッホになる」と言いました。
私はサンタになります。
福島の子供達を守るのは、福島の大人達だということを心に定めるまでに4年かかりました。
これからは積極的に子供を守る歴史を作って行きます。
サンタは理不尽な災害と戦うための、理不尽なほどの夢の象徴です。
わだば、サンタになります。

ポリシー

私達のポリシー

こどもたちと太陽

小さな子供から、いのちの水へ寄付金と共に手紙が届きました。
その中に、「これらの小さな者の一人にしたのは、わたしにしたのである。(聖書)」
という言葉が大きく書いてありました。
この言葉こそ私達のポリシーです。

私達は信じています。
21世紀は武器ではなく、真実な愛の言葉によって建て上げられてゆくと。
今までの世紀とは違う、平和な世界が来ることを信じます。
ひとりの子供も見捨てられない、
ひとりの母親の涙も流されることのない、
平和が実現する世紀であることを信じます。

そのために働かなければなりません。
目の前にいる、災害の恐怖の中に置かれた一人の子供も、見捨てられてはなりません。目の前のひとりの子の命を守ることが、目に見えていない子供達を救うことになるからです。
そのために力を尽して働く、それが私達のボリシーです。

2011年3月11の地震、津波、放射能災害という千年に一度の災害が、千年に一度のチャンスとなりました。
私達は力を尽します。

寄贈をご希望の方、団体のために

M&Aリーフレット裏

寄贈申込書

受入Q&A

協定書

お問合せ

090-7079-5011(理事長 坪井)

水送り先住所

 〒963-0213 福島県郡山市逢瀬町多田野宮南2
  NPO法人FUKUHSIMAいのちの水配布倉庫

メールアドレス

 fukushimainochinomizu@gmail.com

a:745645 t:330 y:428

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional