NPO法人FUKUSHIMAいのちの水

ボランティアの方々の声

ボランティアの方々の声

このページでは、参加してくださったボランティアの方々の感想を抜粋して掲載しています。
ボランティアについてはこちら

2017年8月

  • 初めての参加だったが、自分が思っていた以上に大変な作業でした。
    8月ということもあり、暑さと運搬物の重さで大変でした。
    受け取りに来た方々が、みんな笑顔で喜んでもらう姿を見ると、作業の疲れも何とかなるものだと感じました。
     (栃木県 10代男性)
  • 初めてのボランティア参加でしたが、みなさん優しくて良かったです。
    子どもとふれあう機会はなかなかなかったので良い体験ができました。
    とても楽しかったです。
     (福島県 10代女性)
  • まず、被災地である福島が、シリアの人々の支援をしていることに驚き、感動しました。
    服は全国から集まっているということで、私は今回ここに来るまで知らなかったけれど、こういう活動が行われていて、多くの人が支援しているのだなぁと思いました。もっと前から色々活動すればよかったです。
    その後行った倉庫では、想像以上の数の段ボールと、それが会社から送られてきているということに本当にびっくりしました。
    あと、多くのインターン生やボランティアが来ていてびっくりしました。
    東京にいると気づかないことに沢山気づかされました。
    実際に福島に来て、人に会ってみないと分からないことがあるので、来て良かったです。
     (東京都 10代女性)
  • 初めてのボランティアで、私に出来ることはあるのか不安でしたが、親切な方ばかりでとても楽しかったです。
    平日はフルタイムで働いていて、いつも忙しい、時間がない、疲れた、と思うことばかりなのですが、ここに来るとまったく違うゆるやかなあたたかい時間が流れていました。
    このようなボランティアの活動に支えられ、励まされ、まわっていく人々の暮らしというものがあるのだなぁ、ということを知りました。
    誰かの役にたてるということが嬉しかったです。
    また、東京ではわからない、福島の方々の日々放射能に不安を感じて生きていらっしゃる暮らしを伺い知ることができました。
     (東京都 50代女性)
  • 私自身、ボランティアに参加するのは二度目でした。
    今回はボランティアに参加して、社会における自分自身の役割、自分にできることを見つけるために参加しました。
    他に、ボランティアに参加した方々と協力をして、何かをやりとげることの大切さを感じました。
    誰か助けを必要としている人がいたときは、自ら進んで実行していきたいです。
     (福島県 10代男性)
  • 本日のボランティアで福島の現状を知ることで、子どもたちのおかれている状況を知ることで、3.11がまだ終わっていないことを改めて知ることができ、よかったと感じた。
    また、シリアの人々に服を送るということも体験でき、国際支援という大きなことに少しでもかかわれたというのは、思いがけずなかなか体験できないことでとても良かった。
     (愛知県 20代男性)

2017年7月

  • 初めての参加で少し緊張していましたが、皆さん優しく接していただき、充実した時を過ごすことが出来ました。
    私ごときが少しでも力になれたか分かりませんが、また機会がありましたら参加させていただきたいです。
     (千葉県 20代女性 水配布ボランティア)
  • 今日、ボランティアに参加して改めて福島の現状を知ることができました。
    また、たくさんの支援物資がこの場に送られていることにも驚きました。
    シリアの子ども達に自分が畳んだ服が届くということにも不思議な感じがしましたが、子どもが笑顔になれたらいいと思いました。
     (福島県 20代女性)
  • 水を必要としている子供たちが多いことに驚きました。
    また、ホットスポットの線量が7.2ととても高いことに衝撃を受けました。今後、地元に戻って、このことを話していきます。
     (宮崎県 30代女性)
  • 震災からもう数年過ぎたけれど、まだまだ様々な問題があり、困っている人々はたくさんいて、その人たちのために活動している団体があるということを知れました。
    これから小児実習もあるので、この体験を活かしたいです。
    ボランティア活動の大切さとすばらしさを改めて知りました。
    これからも積極的に参加していきたい。
     (福島県 10代女性)

2017年6月

  • 実際に福島県に訪れてみて、生の声(現地の人の)を聞いたり、目で見て体験することでインターネットでは知りえないことを知ったり、経験することが出来ました。
    ボランティアを通して、資源の必要な方々と交流することで話を聞けただけでなく、少しでも貢献できて来たかいがありました。
     (東京都 20代 水配布ボランティア)
  • 代表の話を聞いて、福島の現状、お母さん方の切実な想いが、少しだけ分かりました。
    きっとまだまだ知らないこと、世の中に伝わっていないことが、たくさんあるのだと思います。
    私のボランティア自体は、ほんのわずかな助けにしかなりませんが、ここで学んだことを、周囲の人たちに広めていこうと思っています。
     (北海道 50代女性 水配布ボランティア)
  • 初めてということで感想がまとまりません。
    ただ確かなことは、知らないことが多すぎるということです。
    知らないということのなかには、知ろうとしなかったという自分の有り様が問われてくると思います。
    この経験を手掛かりにしていきたいと思います。
     (長野県 60代男性)
  • 今回参加して、心がなぜか癒された。
    ボランティア=人のためだけでなく、参加することにより、人からパワーを貰えることを再認識できた。
     (福島県 40代男性 シリア難民支援

2017年5月

  • 東日本大震災が起きて、時間が結構経っているが、いまだにその影響が強く残っていることを改めて知った。
    再び参加できるかは分からないが、今回のことは心にとめて、自分とは遠い出来事であると目を背けず、現実を見て、その人たちのことを考えながら生活したいと思う。
    また、自分は今、サークルでボランティアの広報の活動を行っているが、ボランティア情報を伝える仕事も、今回の仕事を生かして頑張りたいと思う。
     (新潟県 20代男性 水配布ボランティア)
  • 福島の放射能が、未だに残っている現状を現地の方から聞いて、驚いた部分が多かった。
    数値が1を超えている部分が点在しているというのが印象的だった。
    国が公的に計測し、把握する数値と、民間で独自に計測した数値、その場所によって大きくその値が異なると聞いて、行政のより細やかな計測と対策が必要になってくると感じた。
    震災から6年経った現在でも、未だに多くの方が飲み水に不安を感じているとわかって、とても悲しいと思った。
     (東京都 20代男性 水配布ボランティア)
  • 自分が思っている以上に、現在福島県がおかれている状況は厳しいものであるということ、安心・安全を求める人がたくさんいるということを知り、自分は何ができるかということについて考えるいい機会になり、いい経験であったと思います。
     (福島県 20代男性)
  • 現地に伺ってわかったことが沢山ありました。
    これからの日本を担う子供たちが、育てている親御さんが安心して暮らせるようにならなければいけないと心から思いました。
    急には結果を出せなくても、こちらの活動のようにできることを(必要なことを)長く続けていかないといけないと思いますので、自分でお手伝いできることがありましたら、また活動に参加させていただきたいと思います。
     (千葉県 50代女性 子どもの相手ボランティア)

2016年6月

  • 震災が起きた当初は中学一年で何も協力できず、テレビの報道を見ているだけでした。でも今回大学生になって友達と一緒に活動しました。実際にお母さんの方や小さいお子さんのために力になることができたと思うと、嬉しく思います。これからもこの活動に参加していけたらいいなと思います。また、普段の生活ではあまり関わらない目上の方と一緒に活動したりするので、コミュニケーション能力が高まった気がします。小さい子供達の笑顔とか、お母さんに「ありがとう」と言われるととてもやりがいを感じて嬉しかったです。
     (千葉県 10代女性 水配布ボランティア)
  • やっと来ることができました。坪井代表の生の声、福島の実情を聞くことができて良かったです。福島の本当の復興にはまだ時間がかかる。随分と多くの方が水を受け取りに来られ、びっくりしました。本当に大きな働きです。子供が安心して暮らせるように、継続してサポートできるように頑張ります。
     (神奈川県 女性  水配布ボランティア)
  • 今日は一日お世話になりました。丸一日、こうしてボランティアをした事はありませんでしたが、ずっと何かの役に立ちたいと思っていたので、今日は参加する事が出来本当に嬉しく思います。「誰かの役に立つ」そういった思いで活動するのはいいですね。嬉しい気持ちになりました。サンタハウスの皆さんに出会えたことも、私にとっては最高の出会いだと思っています。本当にありがとうございました。また機会を作って参加させて頂きたいと思います。
     (埼玉県 女性 水配布ボランティア)
  • 力仕事は得意なので楽しくできました。ただ水や食料を無料でもらうのではなく、そのおかげで生活に余裕がもてるようになったりできると聞き、少しでも多くの人に配ってあげたいと思いました。子供達のためにも、少しでも協力できたらと思います。また機会があったら参加したいと思ってます。本日はありがとうございました。
     (埼玉県 10代女性 水配布ボランティア)
  • 体を動かしてとてもすっきりしたし、福島の放射能の話も聞けて、たくさんお話もできて楽しかったです。人とコミュニケーションをとりながらのボランティアはとてもすてきでした。とてもいいお話を聞けたし、勉強になったので、とてもいい経験になりました。子供を守るため、という活動でしたが、沢山のひとの笑顔や「ありがとう」という言葉を聞いてとてもハッピーになりました。
     (千葉県 10代女性 水配布ボランティア)
  • 私が中一の時に震災が起きて、ニュースや新聞などで被災地のことは分かったつもりでいました。でも実際に震災を経験した人の話は聞いたこともないし、知り合いもいなかったので数年たった今、忘れているようなものでした。いろいろなお話を聞いて、まだ震災はなくなっていないし、辛い思いでも沢山なのだと思いました。今回ボランティアをしたことで、少しは力になれたかなと思いました。
     (千葉県 10代女性 水配布ボランティア)
  • 広い草原でお水を一本ずつ配布していくボランティアだと思っていました。放射能が多い地域である郡山で多くの方のサポートができているのか分かりませんが、そのようでしたら幸いです。友達6人で協力したり、千葉さんの指示を受けたりと、楽しいことばかりでした。毎週来てこの活動のお手伝いをしたいなと思いました。
     (東京都 10代女性 水配布ボランティア)
  • 坪井代表から放射能の現状を詳しくご説明頂き、ニュースで見ることとかなり違っていることが分かりました。子供達のために、本当に良い働きをされていらっしゃると思います。御働きが益々祝福されるように、お祈りいたします。
     (神奈川県 50代女性 水配布ボランティア)
  • 在庫の物品を有効に利用していただけて良かった。また福島の地方の方の声を生で聞いて、改めて復興について考えるきっかけになりました。
     (50代男性 水配布ボランティア)
  • 雨どいの下の所のセンサーの数値は衝撃的でした。いろいろなお話も伺うことができ、これから子供達のために何をしていかなければならないのか、強く考えさせられました。また、水の配布では思ったよりずっと多くのお母さん方が受け取りに来られ、この活動を5年間も続けてこられたことに感銘を受けました。今後自分にできることを考え、実行していきたいと思います。
     (東京都 40代男性 水配布ボランティア)

2016年5月

  • 二回目の参加です。福島の子供たちのために少しでもお役にたてればうれしいなぁと思いながら、ずっと作業をしていました。車の中でお父さんの腕に抱かれている赤ちゃんを見て、すくすく育ってほしいなぁと心から思いました。
    他のボランティアの方々やスタッフのみなさんとの会話も楽しく、充実した時間でした。ありがとうございました。
     (東京都 40代女性 水配布ボランティア)
  • 今回は三度目の参加です。神戸在住で、震災を体験したものとして、東日本大震災に何か支援をしたいと思い参加しました。終わりの見えない活動ですが、可能な限り支援を続けたいと思います。子供たちの未来のため、今後もご活躍をお願いいたします。
     (兵庫県 60代男性 水配布ボランティア)
  • まず、在庫量の多さに驚きました。そして、それだけたくさんの水やジュースが販売されずに余っているという現在のメーカーの状況に考えさせられました。(余剰分が発生してしまうのは仕方がないとは思っておりますが)この在庫量をもっとたくさんの方々に分け与えて、「やさしさ」をもっともっと届けてほしい。そのお手伝いをこれからも私が行えたらと思いました。今後もご活躍に期待しております。
     (東京都 20代男性 水配布ボランティア)
  • 今後もこのような活動に積極的に参加していきたい。また、これからの生活で自分に何ができるか真剣に考えたい。
     (福島県 20代男性 水配布ボランティア)
  • やさしいし、楽しいし、かわいいからまた来たい!
     (埼玉県 10代女性 子供の相手ボランティア)
  • 休日に少しでも人のお役にたてる経験ができて、有意義でした。感謝していただくという体験は気持ちが良かったです。
     (神奈川県 40代男性 水配布ボランティア)
  • 最初は大変だったが、慣れてくるとやってよかったと思えた。またやってみたいと思った。
     (神奈川県 10代男性 水配布ボランティア)

2016年4月

  • 力仕事で大変でした。多くの人が参加すれば楽になると思います。放射線量がまだ高いことを知りました。
     (愛知県 60代男性 水配布ボランティア)
  • 子供たちや保護者に水を配ってありがとうございます。など言っていただき、20歳の学生の私でもこのように人のためになれることができてよかったです。ボランティアをやっていての感想としては、かなりの肉体労働ですが、ボランティアの方たちを楽しく協力してできたのでつらいとは思いませんでした。また、空いている日に参加したいと思います。
     (福島県 20代男性 水配布ボランティア)
  • 二年前に参加して二回目ですが、除染が進まず、今なお、苦しんでいる福島の方々の気持ちを少しだけですが、感じ取れました。微力ですが、今後も協力できることがあれば、また、参加したいと思います。代表、スタッフの皆様に敬意を表したく思います。
     (和歌山県 60代女性 水配布ボランティア)
  • いつもサンタハウスを見ながら通っていて、ボランティア活動をしていることを知って、自分も福島のために少しでも手伝いたいと思ったのが参加したきっかけで、学校でボランティアに参加する友達が多くいたので、私もいろんなボランティアに参加していこうと思いました。
     (福島県 10代女性 水配布ボランティア)
  • まず、倉庫に大量に積まれている飲料を見て驚きました。それだけ必要としている方が多く、その方々の力に少しでもなれたと考えると嬉しいです。
     (愛媛県 20代男性 水配布ボランティア)
  • 一世帯当たり、想像していたよりずっと多くの量の飲料や食品など配布されていて驚きました。企業などから様々な理由で集まってくる大量の品物を必要とされている方々に配る、つなげる、とても意味のある活動だと思いました。(必要とされてしまう事態が起きてしまたことはとてつもなく残念なことですが・・・)
    休憩の時間に代表から伺ったお話は初めて知ったこと、考え方などがたくさんで本当に印象深く、勉強になりました。自分のこれからの生き方につなげたいと思いました。スタッフの皆様には本当によくしていただき、ありがとうございました。時間を見つけてまた参加させていただきたいと思います。
     (東京都 40代女性 水配布ボランティア)
  • 福島の現状を作業の合間に聞かせて頂いて改めて考えさせられることが多かったです。そんな中、一日一時間半の協力で申し訳なく思いました。
     (静岡県 40代男性 水配布ボランティア)
  • 初めてボランティアに参加しました。沢山の人たちの気持ちが集まってお母さん方々を助けられること。私も、その一瞬だけでも協力ができて勉強になりました。ありがとうございました。
     (静岡県 30代女性 水配布ボランティア)

2016年3月

  • 配布した家庭の方々からはとても感謝されました。地域貢献活動の心地よさを感じました。
     (神奈川県 無記名 水配布ボランティア)
  • 「ありがとうございました」「助かりました」の言葉の重みが非常に感じた一日でした。
     (神奈川県 無記名 水配布ボランティア)
  • 参加させていただいて本当に良かったです。感謝しています。
     (神奈川県 無記名 水配布ボランティア)
  • 2回目で優しい人たちとの活動だったので、疲れましたが楽しく出来ました。またやりたいです。
     (福島県 10代男性 水配布ボランティア)
  • ボランティアの参加は一日のみでしたが、鹿児島から参加し有意義な一日となりましたことを主に感謝します。また、坪井牧師、スタッフの皆様の働きに感謝します。近くであれば、いつでもという気持ちと、いつでも参加できないという気持ちが交差し、じれったい気持ちで一杯です。ただ今は、皆様の働きに感謝し、主の癒しと導きがあることを祈ります。ありがとうございました。
     (鹿児島県 60代男性 水配布ボランティア)
  • 不謹慎な言い方かもしれませんが、楽しく物資の準備をさせていただきました。(誰かのために何か手伝いが出来ることがとても嬉しい一日でした。)現状はその地に行き、その地の方に聞いてみないとわからないということから、私自身、学ぶことが多く、これ迄の「福島」「いのちの水」などへの想いや考えを反省する機会ともなりました。
    「いのちの水」の活動を始められた方、協力された方々、そしてその愛を心から受け取ってくださる御家族があり、この数年間支えられていることに感動しました。ありがとうございました。
     (鹿児島県 50代女性 水配布ボランティア)
  • 体験できないことばかりを体験させていただきました。とても良い機会を与えてくださり、ありがとうございました。
     (千葉県 30代男性 水配布ボランティア)
  • 震災から5年が経過した福島の現状を知れてよかった。たくさんの人に水を配り、少しでも生活の足しになってくれると思うと、活動に一層身が入った。被災地の子どもたちが幸せになってくれれば良いなと思いました。
     (千葉県 20代男性 水配布ボランティア)
  • 震災から5年が経過した福島の現状を知れてよかった。たくさんの人に水を配り、少しでも生活の足しになってくれると思うと、活動に一層身が入った。被災地の子どもたちが幸せになってくれれば良いなと思いました。
     (千葉県 10代男性 水配布ボランティア)
  • 学べないことも学ぶことができて、良い経験ができました。水というものをどれだけの人が求めているかが分かりました。また、放射線についても理解度が増えました。次回もあったら来たいです。
     (千葉県 無記名 水配布ボランティア)
  • 大変でしたが、楽しかったです。
     (千葉県 30代女性 水配布ボランティア)
  • お母さん方に「ありがとう」と言われたときに疲れもふっとび、とても気持ちが良かったです。誰かのために汗をかいて働くことはとても幸せだなと感じました。ぜひ、また来たいです。
     (千葉県 20代女性 水配布ボランティア)
  • みなさまの福島のお友だちのいのちを守るためになさっているすべてのことに感動しました。また、机上の学びで学ぶことのできない様々なことを学ぶことができ、貴重な体験をさせていただくことができました。足りない者でしたが、活動に参加させていただき、本当にありがとうございました。
     (千葉県 10代男性 水配布ボランティア)

2016年2月

  • 初めてボランティアに参加して、どういったものか知ることができました。人のために楽しく貢献できたと思います。
     (福島県 20代男性 水配布ボランティア)
  • いつもですが、人数(ボランティア)が少ない。
     (福島県 60代男性 水配布ボランティア)
  • 私は関西に住んでいるので、震災時、震災後の被災地の状況を知らないままでした。しかし、今回、ボランティアという形で水の配布をお手伝いさせていただいて、数多くのお子様をお持ちのご夫婦の方が放射線量に気をつけて生活をされているのを感じました。今回のボランティアを通じて、ほんの一部かも知れませんが、現状を知ることが出来て、福島の方々がより快適に生活できるように日本人として、もっと復興のお手伝いをして行きたいと考えました。今回は貴重な経験をさせて頂きましてありがとうございました。
     (兵庫県 20代男性 水配布ボランティア)
  • 私はボランティア活動に参加するのは初めてでした。地震や原発のことは関西の人はあまり認知していないのが現実です。Webでも「福島 ボランティア」と検索しなければ、このような活動がある言も知れませんでした。配布先の人々の今の暮らしなどを知ることは出来ませんが、水やお茶を求めている現実は体感しました。兵庫では当たり前のように家があって、当たり前のように飲み物や食べ物があります。今でもプレハブや仮の宿で暮らす人々もいると思います。口では、「感謝をするように」といっていますが、こういう活動をして見ないと本当に口だけで終わってしまいます。もちろんボランティアなどは自主的にするものですが、国民全体が参加するべきだとは思います。
    また、いのちの水の皆様がとても温かく迎え入れてくださったことが印象的でした。「ボランティア」という言葉のイメージ的に作業的に活動をすると勝手に思っていましたが、実際は全然違うものでした。皆様は私たちに温かいご飯や飲み物を提供してくださいました。また、初対面ですが全員が私たちに話しかけてくださいました。全員で協力して前向きにボランティア活動をしているのを目で見て体で感じました。来年から私は東京で働くのですが、これを何かの縁なので、時間を作って必ず会いに来ます。本日は私たちによくしてもらい、そして、この活動に参加させていただき本当にありがとうございました。
     (兵庫県 20代男性 水配布ボランティア)
  • 今回参加させていただいたのが、人生で初のボランティアでしたが、気さくな方々との作業だったので、緊張もせずに出来た。相馬市では見慣れない物資の配布、郡山市ではこんなにも受け取りに来られる方々がいることに驚いた。今後も自分に出来る活動を継続して行きたいと思えた。
     (福島県 40代女性 シリア支援品の積み替えボランティア)
  • スタッフの皆さんや他のボランティアさん、仲良く楽しくお手伝いできました。皆さんの善意が集まった大きな愛を感じました。
     (福島県 40代女性 シリア支援品の積み替えボランティア)
  • とても楽しかった。
     (福島県 10代女性 シリア支援品の積み替えボランティア)
  • 読み聞かせなどのボランティアばかりで、体力を使うボランティアは初めての体験でした。朝から「ただひたすら」の集中した行動は「無」になれて脳にも良いものでした。
     (福島県 50代女性 シリア支援品の積み替えボランティア)
  • なれない作業で戸惑うこともありましたが、周りの方のサポートがあったため無事終えることが出来ました。また、こられた方のお礼の言葉を聞くとうれしく感じました。
     (福島県 20代男性 シリア支援品の積み替えボランティア)

2016年1月

  • いつもお世話になります。
    シリア難民支援の物資を送っていただいた方々の住所入力をパソコンにさせて頂きました。全国から、心のこもった物資が届いたことが伝わって来ました。同時に受付の様子も見させていただきました。飲料水を求めて、こられている保護者の方々の姿を見ると本当に大切な活動だと感じました。また、参加させていただきます。
     (広島県 30代女性 水配布・データ入力ボランティア)
  • 来るまでは、ぜんぜんイメージがつかなく何をすれば良いのかまったく分からなかった。でも、来てみるととても楽しく活動できた。そして、たくさんの方々が来て、改めて必要なことなのだと感じることができた。参加できてとても良かったし、自分の視野が広くなった。この参加を通して、考えたこと感じたことを勉学に活かして行きたい。
     (宮城県 10代女性 水配布ボランティア)
  • とても活動させていただきました。お役に立たなければ、というよりも私自身ストレス発散させていただいているようですいません。
     (神奈川県 40代女性 水配布ボランティア)
  • 昨年の9月から参加させていただいていますが、お水をもらいにこられるお母さんたちが増えているように感じます。福島のことを知りたいと思ってボランティアを始めましたが、ほんの少しだけ知ることが出来たような気がします。
     (東京都 50代女性 水配布・データ入力ボランティア)
  • 世の中には、意外と物が余っていて、ともすれば捨てられてしまう物を必要としている人に配る。ボランティアは数あれど、このように実用的なものは中々ないと思った。素晴らしい活動だと感じた。個人的には目的地を勘違いして迷子になったのが大変でした。
     (東京都 20代男性 水配布ボランティア)
  • 想像以上に活発で、大きな仕事で驚きました。
     (神奈川県 60代男性 水配布ボランティア)

2015年12月 クリスマス会

  • いろいろと勉強になりました。
     (東京都 50代男性 クリスマス会ボランティア)
  • 参加された子供、家族がリラックスして参加されており、皆さんの憩いの場となっていた。子供、お母さんのコミュニティができており代表のおっしゃる「心のケア」の一助になっていると感じた。
     (東京都 20代男性 クリスマス会ボランティア)
  • 子供を楽しませるはずが自分が楽しみました。
     (千葉県 40代男性 クリスマス会ボランティア)
  • 今回のようなボランティアは始めて参加させていただきましたが、大変有意義な時間でした。子供たちを楽しませるつもりが、自分も楽しんでしまいました。
     (東京都 20代男性 クリスマス会ボランティア)
  • とってもよかったです。
     (福島県 40代女性 クリスマス会ボランティア)
  • とても楽しかったです。またやりたいです。とてもよい経験になりました。子供とあまりかかわったことがなかったのでとてもよい勉強になりました。ボランティアの仲間と協力し合って色々とこなすことができました。僕は最初は、駐車場係をやりました。最初は戸惑っていたんですが、先輩が他のリードがあったおかげで積極的に動くことができました。
     (福島県 10代男性 クリスマス会ボランティア)
  • 最初は大変なのかな~?と思いましたが、大変な部分はほとんどなく、他の参加者の人も話しやすくてすごく楽しく過ごせました。ボランティアをやってよかったです。
     (福島県 10代男性 クリスマス会ボランティア)
  • 震災から4年もたつと、放射能のことはあまり気にすることなく外で子供たちを遊ばせる家庭もそれなりにあるのかと思った。教訓をどのように継続して活かしていくかは信念も必要だし、常に新しい情報の更新が必要だと感じた。
     (東京都 40代男性 クリスマス会ボランティア)
  • 無邪気な子供たちの笑顔を見て、この子供たちを守るのは福島の大人たちしかいないとおっしゃる坪井サンタの気持ちがよくわかりました。純粋に子供たちのために戦い続けるほど、自分たちが何とかするしかない。責任を持つことができるのは、自分たちしかいない。というとてつもない大きな事実にぶち当たりながらも「子供たちの為に」という原点を貫き続けている皆様の姿に感動しました。社会運動の意味を考え直させられる1日でした。本当にありがとうございました。
     (東京都 30代男性 クリスマス会ボランティア)
  • 今回で2度目のクリスマス会でしたが、場所が変わったということもあり、昨年よりも盛大な会になったと感じました。毎回感じることが、子供たちのパワーが大きく、ボランティアとして参加しますが、いつも楽しませてもらっています。
     (福島県 30代女性 クリスマス会ボランティア)
     
    多くのボランティアの声が残されています。
    順次記載してゆきます。

過去のボランティアの方々の声

a:5630 t:1 y:1
      
 

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional